稼げる中小企業の取り組み

企業は商品を販売するために多くの手段を考え実行します。特に経営者は多くの情報から世の中の様を見て経営のために判断をする必要があります。

近年「稼いでいる中小企業」は中小企業庁の統計データから経営者は下記の三つを実行している事が分かります。

  • 生産性向上のためのIT活用

  • 売上拡大のための海外展開

  • 稼ぐ力を支えるリスクマネジメント

伸び悩んでいる中小企業の取り組み

日本の中小企業の経営者は「生産性向上のためのIT活用」を行い経営を良くするために努力しています。しかし実際には経営に関係ないと感じている方が非常に多くいます。

日本の中小企業の経営者は「売上拡大のための海外展開」を行い経営を良くするために努力しています。しかし実際には海外展開を効率的に行う方法が分からず他社の後塵を拝していると感じてる方が非常に多くいます。

中小企業庁で集計したデータでも「稼げている企業」は全体の20%以下になっています。伸び悩んでいる企業の経営者のITに対する期待と結果について、以下のように当社が実際に調査・アンケートを行いました。

ITは経営を良くすると考えますか?

ITの導入を決定した事がありますか?

導入したITで経営が良くなりましたか?

60%以上の経営者は「ITを活用すると経営が良くする」と考えている。

90%以上の経営者が「ITの導入を決定した」ことがある。

しかし「ITで経営が改善された」と判断できた経営者は3%のみである。

多くの経営者は「生産性向上のためのIT活用」に期待はするが、導入しても経営に効果が無かったと判断している。

多くの経営者は「売上拡大のための海外展開」を行ったが、想定していたよりも低い結果しか出ていないと判断している。

伸び悩んでいる中小企業の経営の現状

調査から商品が良いにも関わらず伸び悩んでいる企業の経営者は、「ITを使い業務を更に高度化しようとした」「海外進出もした」が実際には経営は良くなっていないと感じている事が多いことが分かりました。

結果として「何が原因でITで業務が高度化されず」「海外進出が期待通りでない」原因が明確でないため、常にモヤモヤした状態となっているが、次に何をして良いのか分からず他にもする事は多く、放置せざるを得ない状態と考えています。

伸び悩んでいる企業の組織

外部から情報システム部門の人材を雇用した場合には、部門間の連携に問題が発生します。

(問題点)

  • 経営と情報システム部門の関係性が薄く、情報システム部門は経営が何を求めているか明確に分からない。同時に経営は「情報システム部門に期待している事」を伝えられない。

  • 転職で入社し情報システム部門に配属された人が担当しているため、情報システム部門は業務が何を行っているか「知らない」「知る必要が無い」状態になっている。

  • 「経営の要望が分からない」「業務が分からない」ため、自分が分かる情報だけをITで処理できるように業務を行うしかない。

  • 情報システム部門は経営の要求が分からないため、自分が知っているITを導入するのが目的になってしまう。

中小企業が経営のために何を直ぐに行うべきか

中小企業の経営者は「自社の商品を更に磨き」「更なる販売方法を考え」るのは当然です。

同時に、何をして良いか分からないライバルに先んじて「ITを使用して業務の高度化」を進め大きなアドバンテージを、勝ち取る必要ための組織を作る必要があります。

ITを使用した業務の高度化について知る
業務を高度化するために解決すべき課題