クラウドダイレクト

Image 024

Cloud Directサービスは、通信キャリアが提供するサービスと、HJPが提供するネットワーク技術を組み合わせたサービスです。

Image 025

サービス一覧

Image 026

ダークファイバーサービス

特徴

株式会社Hoster-JP(以下HJP)が提供するダークファイバーは光ファイバーを一本占有して使用することができるため、低遅延で超高速な回線(10Gbps)を利用できます。

Image 027

本サービスの在庫状況は日々変わっております。発注時に在庫があれば3か月程度でお手配可能ですが、新設する場合には最大6ヶ月必要となります。

ダークファイバー回線仕様

Image 028

ダークファイバー回線接続分界点

  • 本ダークファイバーサービスはユーザービルのPT/PD盤まで接続いたします。
  • ユーザビル内の光ファイバーケーブルの敷設・レンタルはお客様にて実施を願います。
  • Hoster-JPが提供するデーターセンター側の設備は弊社にて総て手配いたします。

Image 029

ダークファイバー1Gb/s用接続方式

  • 標準の接続ポートは1000Base-T(RJ45)×1にてご提供いたします。
  • L2SWにて1000Base-Tを1芯のWDM(一本の光ファイバーに送信と受信で波長を分けて使用する)SFPを実装しご提供いたします。
  • 最大60km(120kmモジュール使用)まで使用することが可能です。
  • L2SWのタグの設定や既存機器との接続については別途ご相談ください。

Image 030

ダークファイバー10Gb/s接続方式

  • お客様システム内に標準の接続ポートを1000Base-T*24ポートのスイッチにてご提供いたします。
  • L2SWは1Gbpsを束ねて10GBASE-SRとし、伝送装置は10GBASE-SRを1芯のWDM(一本の光ファイバーに送信と受信で波長を分けて使用する)装置をご提供いたします。
  • 最大km(60kmモジュール使用)まで使用することが可能です。
  • L2SWのタグの設定や既存機器との接続についてはご相談ください。

Image 031

監視および障害時の対応

  • 本サービスは通信キャリアのダークファイバーを使用しているため監視は実施されておりません。 HJPが提供する監視システムの導入を推奨いたします。
  • 監視システムは回線・レンタル機器の死活を24時間監視します。
  • 回線・レンタル機器障害時にはメールにて障害を通知いたします。
  • 御社のシステム内に監視サーバを設置させて頂きます。またインターネットに抜けることが可能な回線・もしくは御社内のメールシステムと接続可能なネットワークをご準備ください。

機器障害

  • 機器障害時には通常は平日の9~17時の障害サポート受付・3営業日以内の機器交換・20営業日以内の回線切断時の新規回線への迂回が付きます。
  • 機器交換を24時間365日に変更することが可能です。

回線障害

  • ダークファイバーを使用しているためNTT・キャリアでは回線障害の復旧時間をコミットしておりません。一般的には数日以内での回復です。

 

Cloud Direct サービス使用例

  • クラウド ダイレクトを使用して安価に高速で冗長構成が取れたネットワークを提供しています。また外部からはSSL-VPNで接続する事を許可しています。セキュリティは他のサービスにより保障しています。
  • 弊社が他のキャリアサービスと既存の顧客ネットワーク内の設計を行い、お客様自身は設計承認等を実施手頂きます。

Image 032

 

 

Theme by NeoEase. Valid XHTML 1.1 and CSS 3.