Home > news > 世界最速のクラウド型ストレージサービス「フェムトストレージ」の提供を開始

世界最速のクラウド型ストレージサービス「フェムトストレージ」の提供を開始

December 20th, 2013

株式会社Hoster-JP(本社:東京都文京区、代表取締役社長:山中正明)は、世界最速のクラウド型ストレージサービス「フェムトストレージ」の提供を開始することを発表します。

【特徴】

「フェムトストレージ」は、一般的なサーバー用ハードディスク(SAS 2.0)の1,000倍以上という高速処理を実現するクラウド型のストレージサービスです。IOPSは148万IOPS(*1)で、従来のクラウドサービスのIOPSと比べて世界最速(*2)の速さを実現しています。価格は50GBあたり月額10万円以下のクラウド型で利用できます。大手ITベンダーが提供する高額なフラッシュ搭載ストレージに比べ、短納期、低価格を実現しました。保存データは冗長化されており障害発生時にもデータが失われるのを防ぎます。これにより、大量のオンライントランザクション処理の遅延対策に、高価な費用をかけることができない企業も、手軽に高速ストレージサービスを利用できるようになります。

【導入事例】

「フェムトストレージ」の先行採用事例第一弾として、ソフトバンクグループのPSコミュニケーションズ(代表取締役社長 佐藤 貞弘)の「ほっと電報」PR用Webサイト(*3)のITインフラに採用されました。PR用Webサイトは、Yahooトップページに掲載されるほどの反響を呼びましたが、Webサイトは無停止運用を実現しました。

【提供開始時期】

「フェムトストレージ」のサービス提供開始時期は以下となります。

2013年12月

*1 :8KBランダムリードでIOPSを計測。IOPS(I/O per Second)は1秒間に可能なI/O(リード/ライトの処理)の回数をあらわし、数値が高いほど処理能力が高くなります。

*2 :2013年12月現在、当社調べ。

*3 :「ほっと電報」PR用Webサイト:

[BiS with JUNKO KOSHINO]BiS にJKが正式加入!!  http://jkwbis.com

【エンドースメント】

本サービスの開始について、各社様に以下のエンドースメントをいただいています。

PSコミュニケーションズ株式会社様からのエンドースメント

PSコミュニケーションズでは、電報サービス「ほっと電報」を提供しており、ソフトバンクグループを始めとする、さまざまな法人のお客様にお使い頂いております。この度、当社は「ほっと電報」PR用Webサイトのインフラには欠かせない、高速かつ安定した処理が期待できる「フェムトストレージ」を採用しました。PR期間中は、Yahoo!JAPANトップページ(トピックス画像記事)にも掲載され、想定外の大規模トラフィックが発生しましたが、まったく問題なく安定稼働しておりました。これほどのITインフラを安価にクラウド型で利用することができ大変満足しております。この度の「フェムトストレージ」が、大量のオンライントランザクションデータ活用の低コスト化と短納期を実現し、より多くの企業でクラウドによる情報活用が促進されることを期待し、Hoster-JP様の今後の益々のご発展をお祈り申し上げます。

PSコミュニケーションズ株式会社
代表取締役社長 佐藤貞弘

株式会社カヤック様からのエンドースメント

面白法人カヤックは、今年15周年を迎え、コーポレートサイトもリニューアルしました。テレビなどでカヤックが放送された直後は、大量のアクセスがあるので、サーバーが落ちないように、細心の注意を払って対応しています。昨年カヤックは “世界最速”で応募できる「ワンクリック採用」というキャンペーンを実施して、たくさんの方に応募していただきましたが、Hoster-JP様の提供する“世界最速”のクラウド型ストレージサービスも、たくさんの方に使われることを願っています。今回の「ほっと電報」PR用Webサイトは、Yahoo!JAPANトップページに掲載されるほど多くのユーザーが訪れてくれましたが、Webインフラに「フェムトストレージ」を使用したことでWebサイトは停止すること無く運用することが出来ました。

株式会社カヤック
代表取締役CEO 柳澤大輔

【本件リリースについてのお問い合わせ先】

株式会社Hoster-JP(担当:山田)
TEL :03-5977-0888 / FAX:03-5977-0887
E-Mail:yanfo@hoster.jp / URL: http://www.hoster.jp

※本リリースの情報は、発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

Categories: news Tags:
Comments are closed.
Theme by NeoEase. Valid XHTML 1.1 and CSS 3.