Home > HJP-compass > 中東・アフリカ地域の混乱について

中東・アフリカ地域の混乱について

February 7th, 2011

2011年の一月から始ったチュニジア共和国に端を発してアフリカやエジプトや中東の混乱で各国では情勢が大きく変化した又は変化しそうです。

国によって事情が違うため、私はその良し悪しについては語る事はできません。しかし今回のきっかけにITの力が大きく関与していたという報道は時代の流れを感じさせられました。

またよく聞かれますが、中東とは言えどU.A.E等の国は政治の方針・成り立ちが違うため、今回の混乱とは概ね関係しないと思われます。

チュニジア

チュニジアは2010年12月に開催された第2回日本・アラブ経済フォーラムにチュニスで参加させて頂きましたが、一気にここまで情勢が変わるとは思いませんでした。地理的にはイタリアとアフリカの接続ポイントとして今後面白そうな地域になるという認識でした。

また地元のSI会社の方と座談会を持ちましたが、非常に温和でチュニジアは非常に安定した国だと言う事を言われていたのですが、今となっては残念です。話をした彼とは暫く連絡ができませんでしたが、昨日メールが入り無事にいるとの話を聞きました。むしろまた新たな商売ができると頼もしい連絡を頂けました。

 チュニジアの北はヨーロッパの感覚ですが南に行きサハラ砂漠に入る頃から中東の感覚に近くなります。しかし石油もほぼ無くビジネスの殆どは北側に集中しているため、U.A.Eやサウジアラビアのような雰囲気とはまた違いました。歴史としても非常に複雑で日本のようなシンプルな構成で無いのは良く理解できました。

エジプト

チュニジアから隣のアルジェリア、エジプトまで混乱は連鎖しましたがエジプトは更に厳しい状況のようです。エジプトの友人とは混乱が始ってから連絡が取れない状態となっています。

そして

今後更に短期・長期でアフリカ・中東 地域では多少の混乱は当然のように発生すると思われます。しかし歴史の流れとしてはあり得る話であり、今後の大きな市場であるアフリカ地域に対して日本・日本の企業そしてHoster-JPが何をできるのかを考えて行動します。

代表取締役 社長
山中 正明
Comments are closed.
Theme by NeoEase. Valid XHTML 1.1 and CSS 3.