Home > news > Hoster-JPと東京システムハウス、基幹システムのクラウド化で提携

Hoster-JPと東京システムハウス、基幹システムのクラウド化で提携

October 22nd, 2010

概要

株式会社Hoster-JP(HJP)と東京システムハウス株式会社(TSH)は、基幹システムのクラウド化事業で業務提携することを発表します。

この提携により、HJPはクラウドのITインフラ領域で研究・蓄積してきたノウハウを、TSHが展開するレガシーアプリケーションのクラウド化ソリューション「MMS+クラウド」へ提供します。これにより、メーカー保守が終了または終了が近いレガシーシステムで動作する企業の基幹システムのクラウド化をTSHと共に推進していきます。

MMS+クラウドの特徴

「MMS+クラウド」とは、TSHが15年にわたり提供してきたメインフレーム・マイグレーション・サービス(MMS※1)を、エンタープライズ向けクラウドとして提供するTSHの新たなクラウドサービスです。『MMS+クラウド』は、資産変換ツールをSaaS型で提供する『MMS Tools TM』と、マイグレーション後のアプリケーション実行基盤をPaaS型で提供する『AJBASE TM』の二つのクラウドサービスから構成されます。「MMS+クラウド』」は、月額利用料の形態で提供され、基幹システムの移行を検討する企業に向けて、安価で短期間のエンタープライズ・クラウドの提供が可能となります。

HJPは今回の提携を通し、企業システムの可能性をさらに向上させる業務インフラの開発・提供を積極的に展開してまいります。

東京システムハウス株式会社からのエンドースメント

東京システムハウスは、これまで数多くのお客様の基幹システムをオープン化し、お客様のTCOの削減に貢献してきました。このたび発表しましたエンタープライズ・クラウド「MMS+クラウド」は、お客様の基幹システムのクラウド化に有効であると確信しております。東京システムハウスは、今後もHoster-JPとのパートナーシップにより「MMS+クラウド」を推進していきます。

東京システムハウス株式会社
代表取締役社長 林 知之

※1【MMS:メインフレーム・マイグレーション・サービス】

「MMS」は、東京システムハウスが提供する、メインフレーム上のCOBOL資産をオープン環境に移行するレガシーマイグレーションサービスです。アプリケーションの変換をはじめ、コンサルティングや技術支援等、マイグレーションに関わるサービスを体系化して提供しております。200件を超える導入実績があります。

http://www.tsh-world.co.jp/mms/

本件リリースについてのお問い合わせ先

株式会社Hoster-JP(担当:山田)
TEL :03-5977-0888 / FAX:03-5977-0887
E-Mail:yanfo@hoster.jp / URL: http://www.hoster.jp

※本リリースの情報は、発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
※記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

Categories: news Tags:
Comments are closed.
Theme by NeoEase. Valid XHTML 1.1 and CSS 3.