Home > Tech > ESXiへのSSHアクセス

ESXiへのSSHアクセス

January 13th, 2009

VMware ESXiが今年の夏より無償かされ、社内開発環境や、もしくは実戦投入されているかたも多いと思います。

VMware ESXiでは管理コンソールなどは、基本的にクライアント側で実行するため、ハイパーバイザが稼働する実体部分はかなりダイエットされております(32MBほどらしいです)。通常では限定されたコンソール接続(IPの設定や、パスワードの設定などの基本的な機能しか提供されておりません)でのみのアクセスしかできないため、実際にVMware ESXiのサーバの中身についてはブラックボックス的です。なおかつ、ファイル操作なども行えないので、ファイルのバックアップなどについては手と頭を動かさないといけない雰囲気です。。。

ESXiがインストールされているホストにブラウザでアクセスすると、下記のようなリンクがあるので、これをインストールしてごにょごにょすると、各種操作が行えます。

でも、今回はもうちょっと簡易というか安易な方法でサーバへアクセスする場合を紹介します。(ちなみに、メーカ推奨方法ではないので、実行は各自責任でお願いいたします。)

出典はここです

http://www.vm-help.com/esx/esx3i/ESXi_enable_SSH.php

私の実行環境はESXi3.5です。

  1. コンソールの画面で、Alt + F1を押します。(よくある、ttyの切り替えで)
  2. つぎに”unsupported“とタイプします。画面上には入力結果は表示されません
  3. パスワードプロンプトが表示されるので、ESXi本体に設定したrootのパスワードを入力してください。
  4. /etc/inetd.confの32行目付近のSSHの先頭行の#を外します。(エディタはviしかないです)
  5. /sbin/services.sh restartをします。
  6. Update for ESXi 3.5 Update 2ではservicesの再起動ではうまくいかないようです。その場合は、ps| grep intetdでプロセスIDを取得して、kill -HUP <プロセスID>を実行します。これでもだめなら、本体をrebootしてください。
  7. これで晴れてSSH接続は完了です。

#uname -a

VMkernel hostname 3.5.0 #1 SMP Release build-110271 Aug 12 2008 19:36:55 i686 unknown

ひとまずこれでリモートからのアクセスは可能になりました。おなじ要領でftpも有効にできます。あまりコマンドがないのでログインしてもやれることは非常に限定されますが、トラブルシュートや、設定の確認保存などに有効だと思います。

Categories: Tech Tags: , , ,
Comments are closed.
Theme by NeoEase. Valid XHTML 1.1 and CSS 3.