Home > news > スパイスボックス、コンテンツ配信サービス『Deliver-spice!』にHoster-JPのグリッドホスティングを採用

スパイスボックス、コンテンツ配信サービス『Deliver-spice!』にHoster-JPのグリッドホスティングを採用

May 8th, 2008

株式会社Hoster-JP
株式会社スパイスボックス

概要

株式会社Hoster-JP(本社:東京都文京区、代表取締役社長:山田隆史、以下、Hoster-JP)は、株式会社スパイスボックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田村栄治、以下、スパイスボックス)が提供するWebコンテンツ負荷分散配信サービス『Deliver-spice!』に、Hoster-JPの仮想化技術を用いた自動負荷分散Webサーバのホスティングサービス「グリッドホスティング」を提供します。

『Deliver-spice!』について

『Deliver-spice!』とは、スパイスボックスが2007年より提供を開始したWebコンテンツの負荷分散配信サービスです。配信に必要となる配信サーバ、ネットワーク回線をホスティング型で提供されます。
グリッドテクノロジーによるアクセス負荷分散により、視聴者へ安定した速度でリッチWebコンテンツの配信を実現します。配信料金が低コストの為、動画ファイルなどのアクセス負荷が集中し高額な回線コストの原因となるWebコンテンツ配信に適したサービスです。

サービスの活用メリット

今回、この『Deliver-spice!』に新たに自動負荷分散型Webサーバ機能を追加されました。
これにより、Webコンテンツデータの分散配信だけでなく、Webサイトの負荷分散配信もホスティングで可能になり、特にアクセスの集中するキャンペーンサイトをトータルで安定稼動させることが可能となりました。

※『Deliver-spice!』製品紹介ページ
http://deliver.spice-plus.jp/

Webサイトの負荷に応じて自動的にサーバリソースが増減しますので、Webサイト運営者は複数サーバでの負荷分散を意識することなくスモールスタートでWebサイトの運営を開始できます。またこれまでの悩みである、Webサービスにかかわるパフォーマンス悪化を防ぎ、かつ、事前算出が困難なサーバ増強の設備投資を削減することが可能になります。

「グリッドホスティング」について

「グリッドホスティング」は、Webサイトの負荷に応じて「GNIT」と呼ぶ仮想サーバを自動的に増幅・縮小を行うWebホスティングサービスです。Webサーバに必要なサーバリソースをオンデマンドで効率的に提供できるところが、これまでのWebホスティングにはない特徴となっています。Webホスティングで課題となるサーバの過剰リソース・不足リソースの問題を解決します。
また、サーバ機器に障害が発生した場合も仮想化技術を使用した分散システムにより、Webサーバは安定して動き続けますので、サービスの停止しないWebサイトの安定稼働を実現できます。

※「グリッドホスティング」製品紹介ページ
http://www.hoster.jp/service/gridhosting/

本件リリースについてのお問い合わせ

株式会社 Hoster-JP 広報担当:中野
電話:03-5977-0888 FAX:03-5977-0887
Webサイト:http://www.hoster.jp
東京都文京区本駒込6-5-3 ビューネ本駒込3F

※Hoster-JPについて
株式会社 Hoster-JP
代表者:代表取締役社長 山田 隆史
本社所在地:東京都文京区本駒込6-5-3 ビューネ本駒込3F
URL:http://www.hoster.jp/
事業内容:Webサービスインフラ・プロバイダー

※スパイスボックスについて
株式会社スパイスボックス
代表者 : 代表取締役社長 田村 栄治
本社所在地 : 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー16F
URL: http://www.spicebox.co.jp/
事業内容 : インタラクティブ・エージェンシー

※本リリースの情報は、発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。
※記載されている会社名および商品名は各社の商標または登録商標です。

Categories: news Tags:
Comments are closed.
Theme by NeoEase. Valid XHTML 1.1 and CSS 3.