Home > Tech > プレゼンテーションで注意したいこと

プレゼンテーションで注意したいこと

April 8th, 2008

あなたは誰かの前でプレゼンテーションするとき、気をつけていることありますか?みなさん、それぞれ色々あると思います。私もプレゼンが終わるといつも反省することばかりです。

そこで、プレゼンテーションをする際に、参考にしたいエッセンスを紹介します。

[slideshare id=85551&doc=death-by-powerpoint4344&w=425]

たとえば、こちら

  • 悪いプレゼンテーションの原因となりがちなこと
    • 準備不足
    • 観客のことを理解していない
    • 不適切なビジュアル素材
    • 資料が多すぎる
    • モノトーンの配色
    • テーマがフォーカスされていない

そして、こんなデータも、

  • パワーポイントのプレゼンで観客がいらいらすることは何か?
    • 講演者がスライドを読むだけ 62.0%
    • 文字が小さすぎて読めない 46.9%
    • スライド文字の配色が見えずらい 42.6%
    • 項目にセンテンスがまとまっていない 39.1%
    • テキストや画像が飛び回り見づらい 24.8%
    • グラフやチャートが複雑 22.2%

そして、以下の3つの点に注意するといいそうです。

  1. 適切な配色のシンプルなスライドデザインと、 フォントを使いましょう。それぞれのスライドで統一したレイアウトを使用することは、プレゼンテーションに一貫性を持たせます。
  2. シンプルなスライドを作成しましょう。なるべく少ないテキストと、視覚素材をそれぞれのスライドで使用します。あなたのメッセージに観客がより集中できる内容を心がけましょう。
  3. プレゼンテーションの準備をしましょう。プレゼンで使用する設備の使い方をしっかりと覚え、観客と会話できるくらい発表内容について復習しましょう。

以下参考資料です。お時間ある方はぜひご覧ください。

参考:What Annoys Audiences About PowerPoint Presentations?

Categories: Tech Tags:
Comments are closed.
Theme by NeoEase. Valid XHTML 1.1 and CSS 3.