Home > R&D > GNIT ベンチマーク

GNIT ベンチマーク

April 3rd, 2007

ベータサービス提供中のグリッドホスティングは日々改良を行っています。この度、グリッドホスティングのベースリソースとして増幅を行うGNITのベンチマークを Apache JMeter を使用してとりました。以下に詳細をレポートします。

使用ベンチマークソフト:JMeter 2.2 を使って後述のURLに連続リクエストを行い、一定時間毎の応答速度とスループットを記録

JMeterの設定は総リクエスト数 5000、並行リクエスト数 10

(ApachBenchのコマンドでいうと ab -n 5000 -c 10 $URL に相当)。

リクエスト先のURLはPHP Benchmarking Suiteの bench.php を http://IPアドレス/bench.php?d=algorithms として利用

今回のベンチマークでは、CPUの性能や数が結果(応答時間)に大きな影響を与えます。
なお、無負荷状態での応答時間が1秒程度になるように処理の量を約4分の1に減らしました。

テストを環境でのGNIT 増加条件の設定は「500秒間高負荷状態が継続したら新しいGNITを追加する」です。

結果は応答時間、スループットともに10秒ごとに集計したものです。
(画像をクリックすると拡大します)

レスポンスタイム
responsetime.jpg

スループット
throughput1.jpg

グラフは見やすくするため(ギザギザを減らすため)に、50秒ご との移動平均( n秒、n+10秒、n+20秒、n+30秒、 n+40秒 の値の平均を取り、それを n秒の値としてプロットする)を取っています。

引き続きグリッドホスティングのパフォーマンスの改良を続けていきます。

グリッドホスティングβサービス:http://grid.hoster.jp/

Comments are closed.
Theme by NeoEase. Valid XHTML 1.1 and CSS 3.